愛知でおすすめの引越し業者をランキング形式で紹介!人気の引越し業者を紹介しています。

引っ越すタイミングはいつ頃がオススメ?時期ごとの特徴を掴もう!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/02


「引っ越し繁忙期」とは一体いつ頃なのでしょうか?ここでは、引っ越しのタイミングによって料金がどのように変遷するのか、それぞれのタイミングに関連して発生するメリット・デメリットなどをご紹介します。年間の流れを知っておくことで、引っ越し費用を抑え、お得で賢い引っ越しができる可能性も高まります。目を通しておきましょう。

引っ越しをするのにおすすめのタイミング

多くの業界と同じく、引っ越し業界に関しても「繁忙期」「閑散期」というものが存在します。ご想像の通り、大学進学・社会人デビュー・転勤などに伴い、移動が発生しやすい時期が「繁忙期」にあたります。市場の原理で、依頼数が多く物件やトラックの数が足りなくなると、供給不足となり値段が上がります。そして「閑散期」はその逆となります。

では、年間で見た時に、どの時期がそれらにあたるか、1年を4つの時期に分けてご紹介していきます。

1月〜4月:繁忙期

年間の中で一番の繁忙期。この中でも、最もピークとなるのは2月~3月。4月からの進学・就職・転勤などのライフチェンジに備えて、この時期に移動する人が多いためです。需要に対して供給が追い付かないため、引っ越ししたい日時に引っ越し業者を押さえられないことも。どうしてもこの日でないと都合が悪い、といった譲れないマスト条件があると、それを確約するために料金が割高になります。

5月〜7月:閑散期

4月スタートの大学や会社に併せた引っ越しも、4月後半を過ぎると一旦収まりを見せます。従って、運送トラックにもゆとりが出て来るので、割安になる傾向があります。ただし、5月のゴールデンウィーク中だけは、長期休暇が取れることで引っ越し件数が増える傾向があり、ピンポイントで料金が上がります。

8月〜9月:繁忙期

4月から半期が過ぎ、一旦区切りとなるのが9月。10月からの新しい期のスタートに備え、8~9月に人事異動を行う会社も多いため、ここでまた繁忙期がやって来ます。ゴールデンウィーク同様に、お盆休みや夏休みを利用した引っ越しや、10月から始まる新生活に合わせて9月に引っ越すケースが増えるため、ここでも料金が割高になります。

10月~12月:閑散期

10月からのスタート時期に合わせた移動が収まり、割安となる時期です。

繁忙期のデメリット

これまであげて来たように、繁忙期では引っ越し費用が高いことがデメリットの筆頭にあげられます。繁忙期の引っ越し料金は、閑散期の約2倍になるといわれるほど、大幅に高騰することもあります。また、料金だけでなく、希望の日時に引っ越しできないリスクが高まることもあります。

そして、多くの人が一斉に物件探しを行うため、契約しようと思った物件が直前に売れ切れるなど、検討する時間が短いことや、積極的に売り込まずに決まることも多いために、家賃の値下げ交渉ができないこと、などもあげられます。この時期は需要が多く売り手市場で、もともとの家賃・敷金・礼金が高めに設定されていることもあります。

繁忙期のメリット

多くの人が一斉に退去する時期でもあるため、賃貸物件が豊富に発生します。従って、希望条件のそろった物件を見つけることができる可能性も高まります。また、この時期に合わせて新築物件が出てくる可能性も高いため、閑散期よりもよい物件に出会う確率が高くなります。

引っ越しにおすすめのタイミング

以上のように、繁忙期か閑散期かによって、「料金」「物件数」「物件検討期間」「移動日程」の4要素について、メリット・デメリットが分かれて来ます。どの要素を重視するか?自分の優先順位を決めて、物件探しや引っ越しに取り掛かる必要があります。以下は、一般的な引っ越しのおすすめタイミングです。

・旧居の更新月
首都圏などは、賃貸契約期間終了に伴い、「更新料」が必要になる場合が多く、賃料1~2か月分の支払いが発生するケースがほとんどです。この更新料が発生する前に合わせて引っ越しを行うことで、ムダな費用を払わずに済みます。

・引っ越し閑散期
上記でご紹介したように、繁忙期は引っ越し業者や不動産会社の値段が高騰したり、日程の調整がしづらくなったりする可能性が高まります。閑散期に落ち着いて引っ越しすることにより、費用面を安く抑え、繁忙期に起こりがちなトラブルを避ける可能性も高まります。最も引っ越し需要の少ない6~7月は、全体的に料金が下がりやすい時期なので、狙い目です。

引っ越しをする際にかかる費用の内訳

引っ越しを行う場合、引っ越し前の家と、引っ越し後の家、の両方に費用が発生するため、注意が必要です。また、引っ越し業者への費用や、長期契約を前提としたインターネットプロバイダーなどの違約金についても確認しておく必要があるでしょう。

引っ越し前の家にかかる費用

・旧居の家賃
賃貸住宅の家賃は、契約終了月の「月末」まで発生します。1月15日に引っ越しした場合は、1月31日までの家賃が発生するため、月末ギリギリに引っ越すのがお得です。

・修繕費
借主は退去する際に、部屋を借りたときの状態に戻すという「原状回復」の義務があります。経年劣化による場合は、借主が修繕する必要はありませんが、借主の落ち度により設備を破損したり、汚したりすると修繕費用が発生してしまいます。敷金からの差し引きとなりますが、それ以上の費用が発生した場合は、追加請求となるので注意が必要です。

・ハウスクリーニング代
賃貸住宅の退去時にはハウスクリーニング費用がかかります。「原状回復費」として処理されているケースもあります。

引っ越し先の家にかかる費用

・仲介手数料
仲介不動産会社に支払う手数料で、家賃の半額~1か月分が相場です。消費税がかかるので注意しておきましょう。・敷金…退去後の「原状回復」のための修繕費用前払いで、家賃の1~2か月分が一般的です。費用を差し引いた上で差額が戻って来るので、部屋の使用状況によって、返還額が異なります。

・礼金
貸主への謝礼として払う費用であり、家賃の1~2か月分が相場ですが、最近では礼金ゼロを売りにする物件も増えて来ています。

・保証会社料金
家賃保証会社が間に入るケースは、家賃+共益費0.5か月が目安。万が一、家賃を払えなくなった場合のために保証会社が存在します。連帯保証人がいれば不要な場合もありますが、連帯保証人の有無にかかわらず、保証会社の利用が必須の物件もあります。

・火災保険料
賃貸借契約では火災や水漏れトラブルなどに備えて、火災保険に加入する義務があります。損害保険会社に支払う費用は、1.5万円~2万円が相場です。

・前家賃
物件によっては、家賃が前払いとなる場合があります。入居月の家賃とあわせて、管理費や共益費などもまとめて前払いすることになります。

・日割り家賃
月の途中からの入居した場合にかかる家賃です。

1月15日から入居した場合、1月31日まで住んだ日程分(この場合は17日間)の家賃が発生します。また、鍵交換費用や消毒料といった費用もあわせて請求されることがあります。初期費用に関しては、物件や不動産によるので、事前に詳細確認しておきましょう。

引っ越し業者へ支払う費用

冒頭で説明したように、移動時期によって大きく上下し、移動距離や荷物量によっても変動します。なるだけ安い費用で賢く引っ越しするには、タイミングが最も大事ですが、前もって荷物を減らしておくことも効果的です。タイミングは市場の状況によって左右されますが、荷物量は自分でコントロールできることなので、先々のために準備しておくことをおすすめします。

家具の処分にともなう費用

大きな家具や家電を処分するには、費用がかかります。自治体やリサイクル業者などを調べ、前もって処分しておきましょう。また、最近では、ネット中古販売や譲り合いのWebサイトなど、費用をかけずに処分できる可能性もあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

インターネット契約の解除にともなう違約金

インターネットは長期契約が一般的なので、契約当初の内容を忘れがちです。契約解除により違約金が発生する場合もあるので、改めて当初の書面をチェックしておきましょう。違約金が発生するケースは主に2つ、「契約期間の途中で解約」「契約の更新月以外に解約」することです。最低利用期間をクリアしているか?違約金が発生しない解約月が決められているタイプか?などにより、引っ越し先でも継続するかどうかを判断できます。

引っ越しを行う際に必要な手続き

引っ越しにともなう具体的な手続きには、下記のようなものがあります。引っ越す前の場所と、引っ越し先の場所、両方発生するので、忘れないよう早めに動いておきましょう。

役所での公的手続き

・転居届
同じ市区町村内での引っ越しは、引っ越し先の役所に「転居届」を提出するだけで完了します。異なる市区町村へ引っ越しする場合は、引っ越し前の役所で「転出証明書」を発行し、引っ越し先の役所で、「転入届」と共に提出する必要があります。

・マイナンバーの住所変更
引っ越しから14日以内に、マイナンバー通知カード、もしくはマイナンバーカードの住所を、引っ越し先の役所で変更します。転入届と同時に手続きすることで、何度も役所に行く手間が省けます。

・印鑑登録の変更
異なる市区町村へ引っ越す場合は、引っ越し前の印鑑登録は抹消されます。引っ越し先で印鑑登録する場合は、「新規登録」扱いになります。こちらも転入届と同時に登録手続きすることで、役所に足を運ぶ手間を省くことができます。

運転免許証の住所変更

引っ越し先の警察署で、運転免許の住所変更を行いましょう。運転免許証は身分証明書として使用することも多いので、手続きが遅れることで面倒な場面も出て来る可能性があります。引っ越しが終わったら、早めに完了しておいた方がよいでしょう。

郵便局の手続き

引っ越し後、数か月の間は、郵便物が元の住所に届いてしまうことがあります。郵便局への「転居届」「転送願」を忘れずに行いましょう。これにより、1年間は無料転送してくれます。

ライフラインの手続き

引っ越し前の家のガス・電気・水道の解約や、引っ越し先での開始手続きは、生活当日から必要になるため、誰もが忘れずに行う手続きだと思います。最近はインターネットから手続きできるなど便利になっていますが、その際には「お客様番号」を用意しておくとスムーズです。また、開始手続きには立ち合いが必要になることものもあるので、早めに手続きしておくことが大事です。

 

引っ越しは、時期によって大きな価格差があります。それぞれの時期におけるメリット・デメリットを踏まえ、自分の優先順位を明らかにした上で臨むことで、効率よく賢い引っ越しができます。繁忙期は1月〜4月、9月の2回。その中でもとくに料金が高騰するピーク時期は、2~3月です。ピーク時期を上手に避け、お得な料金で引っ越しされることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

愛知のおすすめ引っ越し業者5選

イメージ12345
会社名アーク引越センターアート引越センターサカイ引越センター引越一番ハート引越センター
実績ちゃんとしたお引越し8つのポイントパックとコースの組み合わせで理想の引越しプランを8つのコースと15以上のオプションで無駄を省く親切丁寧を実践し、利用者の期待に応える家財を守り、新居を傷つけない搬送のこだわり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく